イベルメクチン12mg48錠

イベルメクチンはストロメクトール錠3mg

新型コロナウイルスの治療薬

イベルメクチン12mg48錠(イベルメクトール)は寄生虫駆除薬として日本で承認されているストロメクトール錠3mgと同等の有効成分を含む医薬品です。日本で販売されている先発品の4倍にあたる有効成分を含有しています。糞線虫症や疥癬の治療に用いられますが、新型コロナウイルスの治療薬候補としても注目を集めています。

有効成分イベルメクチンは、無脊椎動物の神経・筋細胞に作用することで疥癬の原因となるヒゼンダニや線虫を麻痺させ、駆虫作用を示すと考えられています。

また現段階では適応外ですが、新型コロナウイルス治療薬の候補として期待されています。ただし、重篤な副作用リスクもあるため、新型コロナウイルス感染症の治療・予防目的で服用を希望する方は、必ず医師に相談の上で検討してください。

イベルメクチン12mg48錠(イベルメクトール)は、Sun Pharmaceutical Industries Limited(サン・ファーマ)社によって製造販売されています。 サン・ファーマ社は日本の有名な製薬企業である第一三共株式会社の子会社だったこともある、ジェネリック医薬品の製造では世界有数の大企業で、米国へ輸出を認められている数多くの高品質なジェネリック医薬品を製造しています。

イベルメクチン12mg48錠(イベルメクトール)も、FDA基準の品質管理が守られた環境で製造されている高品質な同等薬のひとつです。

北里大学研究所の発表では、世界27ヵ国で91件の治験および治療目的での使用のうち発症予防で89%の改善が認められています。イベルメクチンを服用することで、新型コロナウイルスがヒトの細胞内で増殖する際にウイルスのタンパク質の核内移行を妨害し、それによって増殖を抑制して予防効果を発揮するといわれています。

論文にて結論付けられた、イベルメクチンの新型コロナウイルスに対する効果が以下になります。

  • 新型コロナウイルスの複製を阻害する
  • 強力な抗炎症作用がある
  • 新型コロナウイルスの新規感染と発症を防ぐ
  • 回復を早め、入院の必要性と死亡率を減少させる
  • 国民全体に配布・使用されている地域では、症例死亡率の顕著な低下をもたらす

世界中の多くの医師が「効果あり」として、イベルメクチンを新型コロナウイルスの予防・治療に使用するよう主張していますが、まだ国際的にも正式には認可されていません。日本においては、北里大学、愛知医科大学の協力を得て、2021年10月より医薬品メーカーの興和が初の企業治験を行います。東京都医師会も、イベルメクチンの使用認可を強く推奨しています。

イベルメクチンを中心としたプロトコルにビタミンを加えたものにより、新型コロナウイルス感染が引き起こす病気のすべての段階を予防・治療できることが、何十もの査読を経た研究成果で明らかになっています。

イベルメクチンが世界的パンデミックに重大な影響を与える可能性が高いことを示唆しています。

予防手順(18歳以上で40kg以上の成人)
・イベルメクチン 18mg錠:治療開始初日1回、後は毎週(7日ごと)
・ビタミンD3 2,000 IU (50μg):毎日
・複合ビタミン 1錠:毎日
・デジタル体温計:オプショナル(体温測定用)

早期自宅療養手順(18歳以上で40kg以上の成人)
・イベルメクチン 18mg錠:毎日1回、5日間
・メラトニン 6mg:就寝前、5日間
・アスピリン 80mg:毎日(禁忌を除く)
・殺菌含嗽 1日3回(飲み込まずに嗽をする):可能な場合

曝露後予防(COVID-19 患者の家族または濃厚接触者)
・イベルメクチン 18mg錠1回、48時間以内に繰り返す

効果 コロナ

北里大学研究所の発表では、世界27ヵ国で91件の治験および治療目的での使用のうち発症予防で89%の改善が認められています。イベルメクチンを服用することで、新型コロナウイルスがヒトの細胞内で増殖する際にウイルスのタンパク質の核内移行を妨害し、それによって増殖を抑制して予防効果を発揮するといわれています。

出典:共同通信社 2021年5月20日掲載「途上国の期待高まる「イベルメクチン」

論文にて結論付けられた、イベルメクチンの新型コロナウイルスに対する効果が以下になります。

  • 新型コロナウイルスの複製を阻害する
  • 強力な抗炎症作用がある
  • 新型コロナウイルスの新規感染と発症を防ぐ
  • 回復を早め、入院の必要性と死亡率を減少させる
  • 国民全体に配布・使用されている地域では、症例死亡率の顕著な低下をもたらす

世界中の多くの医師が「効果あり」として、イベルメクチンを新型コロナウイルスの予防・治療に使用するよう主張していますが、まだ国際的にも正式には認可されていません。日本においては、北里大学、愛知医科大学の協力を得て、2021年10月より医薬品メーカーの興和が初の企業治験を行います。東京都医師会も、イベルメクチンの使用認可を強く推奨しています。